2005年06月03日

姜文 “鬼子來了” [鬼が来た! / Devils on the Doorstep, 中国'00]

devilsdoorstep.jpg 1945年旧正月前のある深夜、中国・華北の寒村。貧しい農民夫婦の家に大きな麻袋が二つ、謎の男により持ち込まれる。袋の中には後手に縛られ猿ぐつわを噛まされた日本兵とその通訳が。

 モノクロの粗い画面の仕上げが印象に際立つ。たとえば夜な夜な開かれる村人たちの合議のシーンや、クライマックスの村人たちと日本軍兵士たちが催す宴のシーンに登場する焔とその照り返しの表現などに、単なるレトロ調を狙ったのではない、
カラーには出来ない表現を追い求めた跡がしっかりと窺える。

 主人公の夫役を演じた姜文(チアン・ウェン)。張芸謀(チャン・イーモウ)監督の“紅いコーリャン”での好演同様、これしかないという質実でどこか間の抜けた役柄を見事に演じ切っている。日本兵役の香川照之、妻役の姜鴻波のほか、後半に登場する日本軍の部隊長役に扮した澤田謙也の怪演も光った。

 作品の後半、助けられた日本兵の村人たちとの約束と報恩の思いを端に発した、日本軍兵士たちと村人たちとの宴は夜が深まるなかで予想外の展開をみせることになる。それまで村人たちやとりわけ村の長老に対しては深い敬意を表していた日本軍の部隊長が突如豹変し、人知を越えたかのような破壊神的な殺戮を始めるのだが、このシークエンスを観ながら、ふと『パルムの僧院』のなかに出てくるある民話のエピソードを思いだした。

  「大名仕事はちがったもんだ」と男はいったが、聞いてはくれない。
  家来と犬はたった一時間で、
  国じゅうの野兎や百年かかってやるよりも、
  ずっとひどく荒らしてしまった。

  小さな殿様方よ、悶着は自分たちの間で片づけなさい。
  王様の力を借りるのは愚の骨頂。
  王様をあなた方の喧嘩にひき入れてはなりません。
  あなた方の地所へはいらせてはなりません。
                          (− スタンダール『パルムの僧院』より)


demonsdoorstep.jpg いまならば他人の土地に介入することを国是とする大国アメリカの振る舞いが思い起こされる逸話である。この作品中では殺戮の狂乱を経てのち、部隊長の口から意外な事実が漏らされることになる。(この意図については公式HP内の姜文監督へのインタヴュー記事に詳しい)どことなく、ある事実の片面のみが語り継がれることにより出来事の核心が削り出されていくような神話形成のプロセスを見る思いがした。
 映画はこのシークエンスのあと、何とも切ない幕切れを迎える。

 舞台となる村落の寂れた家屋と湖の凪いだ様子が少し信じられないくらいに哀愁を漂わせる。古い街区をゼロから再現したらしい。姜文は監督としての力量も“ 太陽の少年”ですでに確認済みだからとても大きな期待をもって観たけれど、総じてその期待値をも大幅に上回る出来だった。一つ難を言えば明瞭なコントラストを狙ったのか、終盤の演出は少々無闇に生々しすぎた観がなくはない。

 ともあれこれほどに完成度が高く、思想的にも政治的にも巧妙なバランシングを達成し、カンヌグランプリという海外からの評価をも充分に獲得した作品が、中国国内では未だに公開禁止だという。ここらへん、依然不思議の国である。


鬼子來了 ” [鬼が来た! / Devils on the Doorstep] by 姜文 [dr] / 姜文 JIANG WEN, 香川照之, 姜鴻波 JIANG HONG-BO, 袁丁 YUEN DING, 澤田謙也 [cast] / 140min [original vers.:162min] / 中国 / 2000 / DVD
2000年カンヌ国際映画祭グランプリ
posted by kushán at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4091031

この記事へのトラックバック

鬼とは何か●鬼が来た!
Excerpt: コメディ的な導入部と、考えさせられるラスト。 ある小さな村に、麻袋に入れられた中国人の通訳と日本兵が運ばれた。 日本兵は「殺せ!」と叫び、中国語で何と言うか通訳に聞くけ??
Weblog: Prism Viewpoints
Tracked: 2006-03-16 15:23
[ Main Page | Another Site ]


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。