2005年02月17日

勅使川原三郎 演出・振付 “KAZAHANA” 新国立劇場

kazahana.JPG 期待を大きく上回る作品だった。この数年で私が観たなかではトップクラスの完成度をもつ舞台。なによりダンス自体の達成している水準が凄まじく、演出に少々感じたあざとさも軽く吹き飛ばしていた。けれどこれほどの作品なのに、劇場後方の私の席の周りは空席だらけ。日本のコンテンポラリーダンスシーンの哀しさが、空いた客席の上をゆったりと舞っていた。

 幕が開くと、舞台全体を大きく白い立方体が覆っている。この立方体はすだれ状に吊るされた無数の白いロープにより構成されており、ライティングにより透過壁にも遮蔽壁にも変化する。そのなかをダンサーたちが縦横無尽に行き交う仕掛け。勅使河原が主導するカンパニー“KARAS”の女性メンバーの踊りには、率直に言って
見惚れどおしで、こういうダンスが観たかった、と心底満足できるものだった。

 だがそれにもまして驚嘆したのは、恐らくこの公演に限って参加しているのだろう海外の男性ダンサーたちによる、痙攣したように全身の筋肉を打ち震わせつつ、しかし激することなく一定の速度を以って進行していく動きであった。各々の身体部位が自律的に躍動しているかのようなその振付においては、各部位が互いに矛盾した方向へと引き裂かれながらも、ダンサー自身の意識がそれらを瞬時のうちに逐一統御していく。一個の身体のうちで展開するその相矛盾する力の連続的なぶつかり合いが、静謐な舞台上で緻密に計算された演出に載り群舞となって進行する。

 舞踏にもこれに近い引きつったような動きがよくあるが、舞踏のそれが情念的(ex.和栗由紀夫)あるいは実存的(ex.田中泯)な表現に映るのに対し、この舞台上で展開する振付はむしろ機械的ともいうべき無機質さを一方に備えており、これまでに観たことがない種のものだった。

 おいおい凄いな、何なんだこれ、まるでフランシス・ベーコンの画中から抜け出てきたんかいという、個人的にはこの上ない賛辞を心中にもたげつつ展開を見守っていると、舞台の後半に入って光による筋肉の浮き立たせ方などに明らかにベーコンを下地にしているんじゃないかと思わせるシークエンスが登場した。この試みは機会があればもっと多く観てみたい。

 褒めてばかりでは自分的にも褒め殺しの皮肉みたいに思えてくるので、一つ気にかかった点を挙げれば、冒頭にも書いたように、舞台設定等の演出にあざとさを感じる部分も確か似合った。たとえば中盤のワンシーンで、矩形の透過壁の内側足元に蝋燭様の照明を並べ、壁に背を向け縦列に並んで座禅を組むかのようなフォーメーションがあったが、すでに座禅と表現してしまったがごとく、嫌がおうにも東洋趣味的な感じを否めない。
 これはとても難しい問題で、私はここで、演出の際に意図してそう仕向けたのだろうと推測しているわけではない。無用の憶測は控えたうえで、私個人の主観に沿えば、そこはかとなくあざとさを感じざるをえなかった、と言っている。

 勅使川原三郎のソロは以前にも観たことがあるけれど、KARAS のメンバーの踊りは恐らく今回が初見になる。とにかく、ぶったまげた。今まで観てきた、ソロ公演も張るようなほとんどの日本人ダンサーのレヴェルを複数のKARASメンバーが軽く凌駕して、しかもすでに述べた男性ダンサーとの連携も絶妙だった。

 コンテンポラリーダンスをコンスタントに観始めるようになり3,4年が経っている。多摩美でのニブロール、原美術館での珍しいキノコ舞踊団など、最初の頃は現代美術におけるパフォーマンスとの連関がその入り口になっていたこともあり、また単純に経済力の問題もあり、ダンスカンパニーとしてすでに功なし名を遂げた大家の作品はこれまで比較的後回しにしてきた。伊藤キムや山崎広太、そのうち書くだろう金森穣ですら、安く観られる機会でもない限り私にとってはしばらく観るのを控えに回すであろう大家である。
 けれどもそうは言いながら、ピナ・バウシュやローザスなどには大枚を叩いてもいるのだから、結局のところこういうところに何か妙な先入観があったことは否めない。不覚だろう。


 ≪勅使川原三郎によるテキスト≫ (企画関連HPより転載)
 -
  風花とは、「晴天に風と共にちらちら降る雪」の意味。

  なにか常ならざる事、至上の瞬間を感じさせる言葉であり、イメージである。
  混沌とした世界を一掃する瞬間がある。
  それがいつ来る瞬間なのか、誰にもわからない。

  「美のはかなさ」と「究極の強度」とがつくり出す形と形のないダンス。

  止まる事のない生命は様々なものと互いに溶け合う。生命と環境は無限の連携関係の上にある。
  それは無限の「エネルギーの往来」である。

  その止まる事のない(止まる事ができない)生命が、一瞬止まるような瞬間がある。

  「晴天に風と共にちらちら降る雪」 _ たとえどの季節にあっても有りうるとする

  それはファンタジーだろう。
  しかし別な時間感覚をもつ現実でもあるだろう。

  非現実感を共にした本当の現実。
  現実ではないようでいて、その方が現実だと感じる事があるはずだ。

  ダンスは止まる事をしない生命の現実だが、その動きつづけるオーガニズム
  (有機的組織)が瞬間瞬間に新たな生命を形成している。

  「美のはかなさ」と「究極の強度」とが成す形は、我々の生命が宇宙的な広大世界の
  中で生きている姿ではないだろうか。

  それが常々目に見える物でなくとも、我々の感受性はその瞬間をとらえる事ができるのだ。
 -
 (転載以上)



 先月初めの東京への帰還以降、書き出さずに溜め込んでいた言葉がそろそろ重しになりかけている。よってしばらくは熟考も推敲も大いに省き、いまだ残る心象をメインに書き流していこうと思う。事実と異なる記述があるとすればそれは意図せぬ過誤に過ぎない。お読みいただき疑問点や訂正点などあれば何であれ、お気軽にご指摘いただければ幸せです。


勅使川原三郎 演出・振付 “KAZAHANA” 新国立劇場 2005年2月4-6日
posted by kushán at 19:54| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
書き込むenglish amatuer porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/english-amatuer-porn.html english amatuer porn
amatuer pictures of girls nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-pictures-of-girls.html amatuer pictures of girls
japanese free amatuer sex clips nbx http://amatuer.bluesauce.com/japanese-free-amatuer-sex-clips.html japanese free amatuer sex clips
live amatuer sex cams nbx http://amatuer.bluesauce.com/live-amatuer-sex-cams.html live amatuer sex cams
denver women amatuer nbx http://amatuer.bluesauce.com/denver-women-amatuer.html denver women amatuer
free amatuer dog sex pics nbx http://amatuer.bluesauce.com/free-amatuer-dog-sex-pics.html free amatuer dog sex pics
picking up amatuer girls nbx http://amatuer.bluesauce.com/picking-up-amatuer-girls.html picking up amatuer girls
amatuer kansas porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-kansas-porn.html amatuer kansas porn
couple amatuer porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/couple-amatuer-porn.html couple amatuer porn
amatuer porn mpeg nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-porn-mpeg.html amatuer porn mpeg
uss amatuer porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/uss-amatuer-porn.html uss amatuer porn
real amatuer women movie clips nbx http://amatuer.bluesauce.com/real-amatuer-women-movie-clips.html real amatuer women movie clips
girl porn amatuer nbx http://amatuer.bluesauce.com/girl-porn-amatuer.html girl porn amatuer
virus free amatuer porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/virus-free-amatuer-porn.html virus free amatuer porn
free teen amatuer porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/free-teen-amatuer-porn.html free teen amatuer porn
amatuer sex vidz nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-sex-vidz.html amatuer sex vidz
oral amatuer sex nbx http://amatuer.bluesauce.com/oral-amatuer-sex.html oral amatuer sex
amatuer indian girls pics nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-indian-girls-pics.html amatuer indian girls pics
free amatuer sex galleries nbx http://amatuer.bluesauce.com/free-amatuer-sex-galleries.html free amatuer sex galleries
phone sex amatuer nbx http://amatuer.bluesauce.com/phone-sex-amatuer.html phone sex amatuer
search amatuer wife gallery sex nbx http://amatuer.bluesauce.com/search-amatuer-wife-gallery-sex.html search amatuer wife gallery sex
amatuer porn tryout video nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-porn-tryout-video.html amatuer porn tryout video
amatuer tryouts sex nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-tryouts-sex.html amatuer tryouts sex
porn seattle amatuer nbx http://amatuer.bluesauce.com/porn-seattle-amatuer.html porn seattle amatuer
amatuer mature women mpgs free nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-mature-women-mpgs-free.html amatuer mature women mpgs free
free swinging amatuer couples having sex video nbx http://amatuer.bluesauce.com/free-swinging-amatuer-couples-having-sex-video.html free swinging amatuer couples having sex video
elephant list amatuer porn nbx http://amatuer.bluesauce.com/elephant-list-amatuer-porn.html elephant list amatuer porn
mobile phone amatuer sex pic nbx http://amatuer.bluesauce.com/mobile-phone-amatuer-sex-pic.html mobile phone amatuer sex pic
amatuer porn star nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-porn-star.html amatuer porn star
amatuer sex art nbx http://amatuer.bluesauce.com/amatuer-sex-art.html amatuer sex art
Posted by english amatuer porn at 2006年10月03日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

[舞台] 勅使川原三郎振付 「風花 KAZAHANA」
Excerpt: NHKの放送を録画して観ました。勅使川原さんのダンスは有名ですが、私は初めて観ました。私はダンスはそれほど観てないのでうまく批評はできませんが・・・質の高い踊り(多分)ではあったと思います。ただ、好み..
Weblog: 猫三昧
Tracked: 2005-10-03 17:37
[ Main Page | Another Site ]


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。